歯並び

歯科の椅子

日本は他の先進国に比べて歯の矯正を子どもに受けさせる事や自分の歯を矯正する事をあまり重要視しませんが、歯並びは重大な口内トラブルを引き起こしてしまう場合があるので注意が必要になってきます。
ヨーロッパなどの先進国は、子どものうちに歯並びを整える歯の矯正治療を積極的に行なっていきます。
歯並びが悪いという事が重大な問題だと捉えがちなヨーロッパの国々は人にも見える部分である歯も美しく保っている事が望ましいとされています。
この美意識の違いからかなり大きな差になっているのが矯正歯科の矯正治療を受ける割合に現れています。
昔よりも多くの方が矯正歯科で矯正治療を受けていますが、現在でもまだ他の先進国に遅れをとてしまっているので意識の改革から問題にしていく必要があります。

歯並びが良いと人にも良い印象をもたらします。しかし、歯並びが悪いと損をするという事をしっかりと意識しましょう。
まず、歯並びが悪いと歯が虫歯以上に重大な影響sを及ぼしてしまうことが多いのです。
歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなってしまいます。噛み合わせが悪なってしまうことで美味しくご飯を食べる事ができなくなってしまいます。
他にも、歯同士が直接ぶつかってしまうことによって歯にダメージを与えてしまう場合が高いのです。
ダメージが蓄積してしまうと、段々と歯にヒビが入っていき最終的には歯が欠けてしまうこともあるので、虫歯でもない健康な歯をダメにしてしまう事があります。
このことにより歯を失ってなまった顎の骨格が歪むことによって顔の形も変化してしまう場合がある事を覚えておきましょう。

矯正治療が必要な方

女性の横顔

日本人は多くの方がこのような矯正歯科で治療を受けようとしません。しかし、歯に痛みが発生する場合は虫歯だけではなく、噛み合わせが悪い場合もあるので、痛みが表れる場合は素直に矯正治療を受けるようにした方が良いでしょう。

治療の方法

歯科器具

矯正歯科での治療には様々な治療法があります。矯正技術が進歩すると同時に様々な治療法が開発され治療期間も昔よりもかなり短期間で済むようになりました。このページでは、矯正治療の種類について紹介していきます。

無痛治療

状態をみる歯科医

矯正歯科で行われるインプラントは多くの場合は手術による方法が一般的ですが、最近の技術では切らない手術方法もあるので、メスを使用する手術方法に不安がある方は切らないので痛みにない無痛治療で治療を行なうと良いでしょう。

治療する意識

レントゲンと歯科医

インプラントによる矯正歯科治療の場合は、必ず手術を行ないます。その手術の代表的なものを紹紹介していきます。大きな手術の前にちょくちょく受けなくてはいけない補助手術についても紹介していきます。

  • 女性の横顔
  • 歯科器具
  • 状態をみる歯科医

オススメリンク

ピックアップ